2015.04.23

株式会社シャルマンと共同で血管外科用の医療機器「OHKI INVENTS」の 海外展開を行うこととなりました

この度弊社は、グローバルな販売を展開する総合眼鏡フレームメーカーである株式会社シャルマン(本社:福井県鯖江市 代表取締役社長:宮地正雄)が製造する外科用の医療機器「OHKI INVENTS」の海外事業について、本発明にかかる関連特許を受ける権利について関係者間で合意しましたのでお知らせいたします。

OIV1
OHKI INVENTSは、弊社の特別顧問でもある東京慈恵会医科大外科学講座統括責任者の大木隆生教授と、株式会社シャルマンが共同で開発した外科手術用の医療機器です。

従来より、外科手術では、生体組織の剥離、生体組織・針および縫合糸等の把持・切断が基本操作として繰り返し行われており、このため術中では頻繁に手術用器具の交換が行われ、施術者による手術用器具の持ち替えが行われていました。このような頻繁な手術用器具の交換は手術時間を長引かせる一つの要因となり、長時間にわたる手術が患者および施術者への負担を大きくしておりました。
従来の外科手術では、剥離・把持・切断という手術操作を行う際にそれぞれに専用の手術用器具を用いて処理を行っていたものを、今回のOHKI INVENTSを導入することで上述の3つの手術操作を同一器具で実施可能にし、その結果、手術時間が短く、目を離さず、リズムよく施術することを可能にし、結果的に患者及び外科手術に携わる医療従事者の負担を軽減することになります。

OIV同社では、メガネの加工技術はもとより、医療機器の開発製造により微細加工技術とレーザ微細接合技術にさらに磨きをかけ、大木教授の追及する独自のデザイン・形状を極小な部位においても実現に成功しました。また、剪刀部には高硬度特殊鋼を使用し、眼科・脳神経外科用剪刀で培った技術で、良好な切れ味と耐久性を実現しました。

 

この度弊社は、同社の最新製品OHKI INVENTSに対し、海外における医療機器事業化のノウハウを提供し、共同で事業展開を進めることとなりました。また、本製品の基盤特許を軸に、腹腔鏡展開やロボット手術への応用についても並行して進めてまいります。弊社は今回の取り組みを通じて、日本発の医療機器を世界にというミッションの実現に向けて着実に貢献してまいります。
 

■シャルマン社 会社概要
会社名:株式会社シャルマン(http://www.charmant.co.jp/
代表者:代表取締役 堀川 馨、宮地 正雄
所在地:福井県鯖江市川去町6-1
設立:1968年(昭和43年)
事業内容:メガネフレーム、サングラスの商品企画・ デザイン・製造及び販売 / 医療器具の開発及び製造・販売