2021.09.27

3Dバックスキャナー™が公益財団法人日本学校保健会推薦用品に決定

 株式会社日本医療機器開発機構(本社:東京都中央区、代表取締役:内田 毅彦、以下JOMDD)は、自社で製造販売している「3Dバックスキャナー™ 」(ClassI医療機器)が公益財団法人日本学校保健会により日本学校保健推薦用品に選ばれましたのでお知らせします。
 3Dバックスキャナー™は人体の背部を撮像し、得られた三次元(3D)画像からモアレ様画像を生成する医療機器であり、学校健診の必須項目である「脊柱及び胸郭の疾病及び異常の有無並びに四肢の状態」の確認、すなわち脊柱側弯症のスクリーニングに用いられる医療機器です。JOMDDは当該医療機器が日本学校保健会推薦用品に採択されたことを受け、学校保健の現場における当該機器の普及により一層努めて参りたいと思います。

■日本学校保健会 推薦状

■「3Dバックスキャナー™ 」について
3Dバックスキャナー

販売名:3Dバックスキャナー
医療機器届出番号: 13B1X10274000004
 「3Dバックスキャナー™ 」は、LED光源を使用し、被検者背部を3次元(3D)撮影し、背部の対称性を視覚的に描出するために、モアレ様画像へ変換することができます。
 専用パソコン上にある撮影ボタンを押すだけで撮影ができ、取得した画像情報は撮影場所や個人IDと紐付けることもできます。3D画像として取り込まれたデータは、2Dのモアレ様画像の他に、3Dの画像情報としても確認することができます。また、専用のキャリーケースに収納することで、学校健診現場で想定される持ち運びも可能です。

■公益財団法人日本学校保健会 令和3年度 日本学校保健会推薦用品
https://www.hokenkai.or.jp/suishou/suishou_youhin.html

■製品のご注文や資料請求などの問い合わせ先
JOMDD(株式会社日本医療機器開発機構)
3D バックスキャナ―問合せ専用窓口
3dbs_info@jomdd.com
*カタログはこちらからダウンロードいただけます
https://jomdd.com/wp-content/uploads/2018/03/20200531_3DBS_A4.pdf

■本件に関する問い合わせ先
JOMDD(株式会社日本医療機器開発機構)
TEL:03-6262-3322、FAX:03-6262-3022、MAIL:info@jomdd.com 
広報担当:高畑