ビジョン

日本は「モノづくり」の匠たる国であり、高い技術力、品質管理能力を保有しており、医療機器の生産が得意なはずなのです。しかし、実際は医療機器分野では毎年6,000億円以上の輸入超過で推移しています。日本が誇る「モノづくり」技術が活かしきれていないのです。

日本医療機器開発機構では、医療機器インキュベーション事業を軸に、日本の医療イノベーション・医療機器産業を活性化し、日本が同分野における世界のリーダーとなることを目指してまいります。


日本発の医療イノベーションを世界に 日本を医療機器産業大国へ
ミッション

医療現場に真に必要とされ、かつ事業化することが望ましい医療イノベーションを適切に選び、グローバルな視点から最適な研究開発を行うことで、少しでも多くの医療イノベーションを確実に世の中に送り出してゆくこと。それが我々の使命であると考えています。
医療イノベーションのポテンシャルが高い日本において、医療機器産業が育ち、世界へたくさんの医療機器を届けられる様になるということは、日本の良さを活かして世界中の患者さんを救えるだけでなく、経済の観点からも、国益にかなっています。
また、日本の医療機器産業の裾野を広げるために、共同開発者として多くの成功者を輩出し、人材育成にも積極的に取り組みます。>>事業概要はこちら

バリュー

我々は医療機器の研究開発・事業化に、豊富な経験とスキルを持っています。
医療の現場を知っていることはもとより、医療機器開発のプロセスを熟知していること、各国の薬事・規制に精通していること、ビジネスセンスに長けていること、そして、チャレンジ精神があること。これらの、医療イノベーションプロジェクトの完遂に必要な全ての要素を持ち合わせている医療機器インキュベーターです。
豊富な海外経験に裏打ちされたグローバルな視点を持ち合わせていることも、これからの医療イノベーション戦略には必要な要素だと考えています。>>事業概要はこちら

お知らせ

お知らせの一覧はこちら
Back to Top